未払金が残っているクレカの使用取りやめにおいても十分注意しよう→ローンもしくはリボルビング払い、借入金というような未払いのお金に関する払い込みがまだ果たされていたい段階において使用不可能化をすると、ごく合理的な事ではあるがクレジットの機能停止と同じタイミングで未返済金への一度に全額返済を催促されるという修羅場も考えられます(精算が未完了の残金を解約したいという意向なのであれば早く返してくれといった風に言われる)。財産に余力がある場合ならば良いと考えらますが、先立つものが不十分な場合にそのような契約失効手続きを実行することは戻ってきたブーメランで怪我をするようなものに違いないとも言っても過言ではないので、きちんと払い込みが一息ついてから使用取りやめを申し出たというように時期を工夫した方が不安がないと思います。機能停止の時点でどの程度そのクレジットカードを買い物に使って何円クレジット会社に払わなければいけないのかをよく確認した上で解約することを意識して下さい。契約失効手続きにかかる金額のかかるクレカも実在〉昨今、限定された例外となってはいますが、限られたカードでは使用取りやめのための支払いというやっかいなものがかかってしまう条件があるのです(ある種のハウスカードにおいてのみ)。とても特殊な条件と断言できるため全く一顧だにせずとも構わないのですがクレカを作成してから一定の期限より前の段階で解約を行うという例外的条件時では使用不可能化上の必要経費という望まざるべきものが発生する制度になっているのですから、こういった契約失効手続きのための支払いを無駄遣いしたくないのならば定められた期間以上しっかりと使用してから解約を実行するようにした方が良いでしょう。ところで、心配しないでもらいたいことですがこのようなときは使用不可能化に臨んだ時点でオペレーターの口から告知や予告などというものが漏れなく言ってもらえるようになっています。先立った通知をせずに突然使用不可能化のための代金のようなものが引き落とされるという事態はないようですから、気兼ねなく無効化を受付に申請してみれば自分が所有しているクレジットカードにおいて使用取りやめのための支払いがかかるか不必要か尋ねて頂きたいと考えております